排水管が漏水する主な原因

排水管が漏水する主な原因は、排水管の破損や腐食があります。
排水管の接合部のずれや摩擦、そのほかにも流した食品などによる排水管の損傷など、
排水管が悪くなる原因はいろいろとあります。
排水管は個人でも清掃することができるのですが、
個人で排水管の清掃をするとワイヤー洗浄などで排水管を損傷してしまうことがあるため、
できることなら業者に依頼するようにしましょう。

いったん排水管が水漏れを起こすと、床が腐ったり、集合住宅の場合だと下の階に水漏れを起こすことも考えられます。
ですが、排水管の内部は見ることができないため、
定期的に業者に清掃を依頼するかするとよいでしょう。

そして

排水管を長い間洗っていないと、排水管から悪臭がしてくることがあります。
この原因は排水管を長い間洗っていないことによるものです。
排水管を長い間洗っていないと、排水管の内部に長期的に油汚れや洗剤の残りが詰まってしまい、
それが悪臭の原因になっています。

排水管からの異臭も問題なのですが、それ以上に深刻なのが、
よごれによる排水管のつまりです。
排水管が詰まってしまうと、業者に排水管の高圧洗浄を依頼しなければなかったり、
最悪の場合排水管自体を取り替えなければいけないため、
なるべく異臭がし始めたと感じたら早い段階で排水管の洗浄をするようにするとよいでしょう。